中国の原型師

ウチの会社も
以前は日本で原型作ってました。
(まぁもっと遡れば、金型も成形も全部日本でやってましたが)


たぶん20年位前までは、日本で原型作っていたんですよ。


何故かというと単純に、

中国で作るとカッコ悪いのしか出来ないから。


でもね、日本の原型師さんて当時、

遅い
高い
修正依頼すると露骨に嫌な顔する

とまぁ、職人気質丸出しで
とても仕事をお願いしにくくて・・・


さらに絶対人数が少ないから
ウチみたいな苔会社のお仕事は列の後ろに回されがち。


仕方なく中国でお願いするようにしたんですが、

速い
安い
ヒデー

安くて速いんだけど出来が悪くて・・・

しかも成形するときのことまで考えていないので
金型作ってからもトラブル続出。

いくら損したか計算するのも面倒くさい。


全部順調に進んでいたら
今頃わたくしビルゲイツ並みのお金持ちだったのではないかと。

それくらいボロボロだったんです。


ところがここ最近腕が良い。


先日商品の三面図を出したところ、呼び出しが・・・

原型師、以下原「こんな適当な図面じゃ原型作れないよ」
アクセス、以下ア「えーどうして、大丈夫そうじゃん」
「見てみなよ、これ指定のギアボックスより小さい」
「あっ・・・・どうしよう、スケッチ直してる時間ない」
「仕方ないなぁ」

で、1週間後。
見事に調整してギアボックス入っちゃった。


また別の日は、

何この適当な図面(;`O´)o
「何が?」
「ねぇ見てみなよ、このボディにこの足が入る? 全然足が大きいよ」
「あっ・・・」
「腕もこの厚みに図面の時点で入ってないでしょ」
「すんません」

で、1週間後。
見事に手足は体に格納されてた。


しかも両方とも、元のデザインは生かしたままで。

当然個人差はあると思うんだけど、進歩著しいよなぁ。


中国は進歩してる
日本は停滞してる
すぐに追い抜かれるよ
いやもう追い抜かれてるよ

みたいな事、よく知りもしないで大きい声で語る人いて、

アホか現場も知らねぇで

と思ってるんだけど、

部分部分もう追い抜かれちゃってるかもなぁ。


この原型師とお話してるとそう思わされてしまいます。

確かに優秀な人いるよね、中国。



0 件のコメント:

コメントを投稿

▼閲覧数の多い記事