はくぶつかんの変形ロボ 合金ロボ 新幹線ロボ

えっ?
シン〇リオン?
ヒカ〇アン?


いえいえ、
それよりずいぶん前の商品だと思います。

平成に入るよりずっと前の商品。

『新幹線ロボ』ミサイル発射!!

新幹線形態の時の色と形から判断すると
どうやら200系らしい。



ただし彩色はほとんどなくて、結構お粗末な感じ。

形自体は良いのにね。

もったいない。



一応フリーウィールで走りそうな感じだけど
ベアリングも何もなく、
ただプラスチックの車軸がはめ込んであるだけなので
車輪はほとんど回らない。

まぁ構造的には車輪回るよ、とその程度。


ロボットに変形させようとしたら・・・

車両先頭部がパッカリ割れて

なんか

バッカルコーーーーン

こちらは本家クリオネのバッカルコーン

というか寄生獣的変形というかΣ(O∀oノ★)ノ


しかもその割れた部分が腕になるという・・・・
(やっぱり寄生獣じゃん)


と思ったら、ウチのデザイナーが
新幹線側面の板が動くことを発見。


どうやら板が腕、
新幹線の頭は肩という扱いらしい。


まぁいずれにしても
先日紹介したヘリコプターと一緒で
やっぱり腕には見えません。

どこからどう見ても
左右に割れた新幹線の頭+新幹線の側面の板w


望まれているかどうかは分からないけど
お腹からはミサイル発射できます。


ミサイル発射できることが
セールスポイントになる時代だったんだろうなぁ。


不思議なのが
中間パーツというパーツが付属していて、
これを使うと車両が延長できるの。

お客さん20人くらい余計に載せられる。


ちょっと伸びた

でもさ・・・

このギミックってどんな意味があるんだろう・・・

やっぱり乗客が多くて混雑してるときとか?


今となっては調べる術もないけれど、
たぶん車両時のプロポーションが予想より短くてカッコ悪かったから
力づくで延長したのではないかな。


力づくにも程があるよ・・・


良くも悪くもウチらしい商品でした。
(どこが良いのか?という突込みは無しでお願いします)


LIFE STYLE VIETNAM

最後に訪れたのは5年ほど前だったかな。


その時は活気もあって、
2軒新しい取引先も見つかって、

この調子なら数年後には、ひょっとすると
中国並みとはいかないまでも
それなりに計算できる生産地になるかな。

と思っていたのに・・・


今回久しぶりに訪れてみると
全く活気がなくなっていて・・・
規模も随分と小さくなっていました。

看板の周りにも誰もいない・・・


活気で言えば、会場を分割して開催されていた
美容関係のショーの方が数段上回っていて。

美容のショーはベトナムの人々から物を買うショーではなく、
逆に売り込むためのショー。


すでに生産地ではなく、消費地としての魅力のほうが
上回っている国になりつつあるのかもしれません。


ホーチミンの街自体はものすごい活気。


日本との共同事業で地下鉄も開発中。

大々的に通行止め、渋滞がひどくて


あちらこちらに
新しい商業ビルやマンションも建設中。

飯もうまいし、
物価も安い。
美人も多いし、
ものすごく魅力的な街なんだけど・・・


今度訪れるときは観光だね。


パッチンブレス

僕ぐらいの世代の人間なら見たことあると思うんですが
金属制のブレスレット。

ブリキのような材料で出来ていて、
手首を叩くと

パチン

と鳴って、クルンと丸くなるアレ。

『パッチンブレス』
ほら、アレあれ


香港のショーで目撃した時についつい

「なつかしー」

と呟いてました。


さすがに40年の時を経ているのでそのまんまではありません。


何が違うかと言うと、

プリントがキレイ
表面がシリコン質の材料でコートされていて
キレイなプリントが入っています。

商品自体は古臭いのに
このプリントのおかげで生まれ変わりました。


まぁ人間も中身は変わらなくても
ドレスアップすりゃそれなりに見栄えが良くなるからね。


おかげさまで2年目。

無事に定番商品の仲間入り。


イベントや施設の入場券とかに最適だと思うんだけどな。

けっこう安いし。


どなたか興味ありませんか?



しながわ水族館

久しぶりにしながわ水族館へ。


相変わらず、小さなスペースに
全てがバランスよく揃っている水族館。


おなじみの地元の魚たち、
クラゲにチンアナゴ、クマノミ、
アマゾンの淡水魚という定番の展示、
水中ににいる気分で魚たちを見ることが出来るトンネルや
このサイズの水族館には珍しい
イルカショーのスタジアムまであるのには驚き。

定番の地元の海の水槽

ちなみに5月7日まで
『海の危険ないきもの大集合~マジでやばい生物たち!!~』
という特別展示を開催中でした。



サメやウツボという
おなじみの危険生物から、
これは知らなかったという生き物まで
色々と展示されていました。


ナンヨウハギが危険な生き物だったのは
今まで知らなかったな。

なんでも尾ひれの黄色い部分に毒があるそうです。

あんなに陽気なドリーに毒があるなんて・・・

刺されると痛いよね

言うまでもなく危険なシロワニ

ちなみにこちらの水族館、
公営ですので入場料も低めの設定です。

ゴールデンウィークに是非どうぞ!

ウミガメみると仙人イメージするのは俺だけ?




手裏剣フリスビー

以前、

『日本一の忍者メーカー目指すか』

みたいな冗談を
こちらのブログでもいたしましたが、
あながちただの冗談でもない・・・


忍者関連の商品ってそれなりに売り場があって、
それなりの売り上げがあるんですよ。


ただ作る商品があまりなくて、
作るたびに

プラスチックの刀です
木製の刀です
光る刀です
音が出る刀です

って、「かたな」ばっかりー((((ノ◣д◢)ノ


忍者関係って刀ばっかりになってしまって
広がりが全然ないの( ꒪⌓꒪)


で、今度は手裏剣作り始めたんですが
これもすぐに行き詰まり・・・


ヤケクソ気味に大きくしてみたのがこちら

『手裏剣フリスビー 忍』
『手裏剣フリスビー 忍』

もう手裏剣としてのディテールとかリアリティとか一切無視。

投げて楽しい大きさ。
投げて安全な材料。

軸足をこちらにおいてみました。


なに?

もう忍者関係ないじゃん

いいのいいの、それっぽく見えればw

『手裏剣フリスビー 忍』
ほら、カッコいい! 忍者っぽい!

子供たちが安全に楽しく投げられて、
それなりに売れればそれで満足。

広州は今日も白かった

広州交易会の為に広州を訪れています。



スーツケースをコロコロしながら通路をふさぐインド人。

3人並んでお喋りしながらのんびり歩くヨーロピアン。

通路に机を出して食事してる出展者。


歩きにくいよ!


でも相変わらずの光景です。


しかし最も変わらないのは白い空。

ねぇ、大気汚染は
解決に向かっているんじゃなかったの?

空真っ白だけど・・・

スモッグに霞む広州タワー

1か月も住んでたら鼻毛ボーボーになるんじゃないかな。

ここに住んでたら寿命が縮まりそうだよ。


とりあえず今日は2万歩歩いた。
その割に収穫はなく・・・


広州の後はホーチミンに移動予定。

某ファーストフード店にて、こりゃないよねぇ



海の仲間たち 図鑑シール

こちらの商品、
すでに発売から二年近くたっているはずなのに、

なんで図鑑シールなのか?

理由を一度も聞いたことがなかった。


この商品を開発した専務に
今日初めて聞きましたよ!


「ねぇなんでこのシールって図鑑シールって名前なの?」

返事は

「なんかいっぱい並んでて図鑑みたいじゃん」

Σ(゚口゚;

えー!マジか
兄弟そろってコレで良くやっていけてるなぁ・・・


でもこのシール結構な出来ですよ。


限られたスペースに84種類の海の仲間が勢ぞろい。

小さいなりに全力を尽くしたデザインに、
国産ならではの精度の高い印刷。

『海の仲間たち 図鑑シール』
『海の仲間たち 図鑑シール』

いやぁ良い商品だわ。

俺も図鑑に見えてきたよw

商品裏面には「ミニ図鑑」と称して
生き物の紹介文がありますが、
8種類だけ・・・

残りの76種類は自分で調べてね。


納得できる値段

今、コンビニにコーヒー買いに行ったら
見慣れないコーヒーが。


試してみるかと思ってレジに持っていたら・・・

聞いてくれます!!!???

233円


思わず棚に戻しそうになったけど
さすがにみっともないのでそのままお買い上げ。


最近けっこう高いもの増えたよね。

一時期

安くなくちゃモノ売れない

と思っていたけど
そんなこともないよね。


結局、出したお金に見合った満足があれば
高くても良いのかな。

要は納得いく値段なら良いんですよ、きっと。


いきなりステーキで
1000円で硬い肉にかぶりつくのも、
10000円出して
本場ニューヨークからやってきたステーキハウスでフィレ肉を食すのも、
同じように牛肉食ってるけど、
その差10倍。


でも、それぞれ混んでいてそれぞれ儲かってる。

みんなたぶんその金額に納得しているから。


いきなりステーキの10倍の値段の肉が
いきなりステーキの10倍旨い訳じゃなくて
(いや旨いのか??)
そのお店の場所や雰囲気、お店にまつわるストーリーやサービス等々
トータルで見て納得のいくプライスなら良いのでは・・・


でもおもちゃにこれ当てはめるのは難しいなぁ。


10倍の値段で5倍良いおもちゃ。

残りの5倍は
商品や会社にまつわるストーリーや
バックボーンを作り上げて・・・


やっぱりウチのような苔会社には無理。

納得していただく自信がありません。


ちなみに233円のコーヒー、納得できなかったのでもう買いませんw


レインポンチョ

そもそも最初は
とあるお客様からのお問い合わせ。


「イルカショーで使うポンチョ作れないかな?」


最近のイルカショー、スプラッシュというのが流行っていまして
プール添いのお客様にイルカが水を引っ掛けるという・・・

そのイベントのためのポンチョだったんですよ。


で、ポンチョ作っている工場探して
サンプルもらって眺めていたら
いつもの悪い癖が出まして、

「コレ、もっといろいろ作れるんじゃないの?」

いやぁ作りすぎました。


水族館用→2種類

レインポンチョ 海の仲間A
海の仲間A

レインポンチョ 海の仲間B
海の仲間B

動物園用→3種類

レインポンチョ トラ
トラ

レインポンチョ キリン
キリン

レインポンチョ シマウマ
シマウマ

和風柄→2種類

レインポンチョ さくら
さくら

レインポンチョ 忍者
忍者


大人用、子供用、各2サイズ。
計14種類も一気に作ってしまいました。


おまけに通常はシルク印刷でワンポイントだけ印刷するのを、

「面白くないから」

それだけの理由でグラビア印刷で全面にプリント。


おかげで面白い商品にはなりました。


ちなみに売れ筋は予想外に忍者
しかも大人用。

お子さんが着たら絶対テンションあがります

バックプリントは刀と手裏剣


どうやら海外のお客様が購入されているみたい。

この商品ね、着るとなかなかスゴイんですよ。

とにかく目立つの。


突然の雨の日に、ウチの社員に
「着て帰って良いよ」と言っても
みんな着て帰らないの・・・

せっかく親切で言ってるのにw

やはり海外の方に向いてるのかもしれないなぁ。


当たり前と言えば当たり前ですが、
この商品、雨降らないと売れない。

でも雨降ると他の商品売れない。


売れても売れなくてもモヤモヤする商品です。


プチボトルパラダイス 2018春新作

以前ご紹介した、詰め放題の消しゴム

『プチボトルパラダイス』

は、春と秋、だいたい年に2回
新デザインを追加しています。


遅ればせながら今年の春の新作をご紹介。


ネコザメ

比較的ポピュラーなサメで形にも特徴があるのに
今まで作っていませんでした。

漫画チックなデフォルメで
ネコザメの特徴を表現。



ゾウガメ

リクガメ作ったのは初めてです。

一部の施設さんで人気がある
ゾウガメのユーモラスな雰囲気が
表現出来ているのではないかと思います。



ウミガメ

実は初期メンバーに入っていました。

その後もずーっと売っていたのですが、
このサイズの消しゴムを作るのに
デザイン上、出来ること、出来ないことがわかって来るうち
もう少し良いものが出来るのではないかと思い始め、
遂にリニューアル。



柴犬(黒)
柴犬(茶)

流行に乗って作ってしまいました。

あんまり深く考えてないもので・・・

限られたサイズ、色数の中で
柴犬らしい凛々しさと可愛さが表現できている!

と良いなぁ・・・




イトマキヒトデ

タッチプールの人気者!

手裏剣じゃねぇから



以上、全6種類を追加いたしました。


旧来の商品同様、
愛してもらえるとうれしいです。


はくぶつかんの変形ロボ PINBALL ROBOT

掘ったらまだまだ出てくる『はくぶつかん』ネタ。


今回は英語パッケージ版のみ発見した

『PINBALL ROBOT』

『PINBALL ROBOT』

英語版の箱しかないのに
何故ウチの商品だとわかるのか・・・


実はこの商品
おぼろげに覚えているんですよ。

子供の頃に父に見せてもらった記憶があるので
間違いないと思います。


こちらの商品、一番の売りは
ピンボール形態の時に実際に遊べること。

ちゃんと台になるし、動くんです

確かに球を打ち出すプランジャーも
球を跳ね返すフリッパーも
形だけではなくちゃんと動きます。

当然小さな金属製のボールが入っています。


遊ぼうとしたら重大事実発覚。


左右のフリッパーの間に球が挟まるという・・・

左右のフリッパーの間の距離<球の直径


もうゲームじゃないね。
落そうと思わないと落とせないのw


ロボット形態の時は案外カッコ良い。
ちょっとR2D2みたいな感じです。

未来っぽくてけっこうカッコ良い

ただし正面から見たとき限定。


ウチのデザイナー曰く

「後ろから見ると盛り場の呼び込みのサンドイッチマン」

だそうです・・・

背中そのまんまかいッ!

いや否定できないけどさぁ。

もうちょっとマシな例えないの??


カプセル玩具 標本コレクションキーホルダー

今更ながらだけど、
なんだ?このネーミング

『標本コレクションキーホルダー』全5種
『標本コレクションキーホルダー』全5種

標本キーホルダーって・・・

もう少しマシな名前がありそうなもんだけど。


以前もお話しした通り
深く考えないでポンポン進めてしまうので、
自分で決めた名前でも後で後悔することばかりで・・・


たしかに標本ですが
「焼酎」という名前の焼酎を作るアホがどこにいるのか?


本物の生き物がアクリルに封入されているキーホルダー。

この「標本キーホルダー」に関しては
水辺の生き物のシリーズとなっています。


すべて小ぶりではありますが、

ヒトデ

カニ

エビ

タツノオトシゴ

マキガイ
が、入っています。


他の商品はナチュラルな色合いなのに、
エビだけなぜか不自然に赤い。

おそらく着色されている気がする。


ちょっとおいしそうな色なので、
見るたびに

居酒屋のつまみ?

と、思ってしまいますが
お手頃なお値段のおかげで定番化しております。

みんなでおしゃべりトランシーバー

以前この商品をギフトショーに展示していたところ、
お取引のない方に

「おぉ~こんなもんまで海モノにするんだ」

と呆れられたことがありました。

もちろん!
売れそうと思えばなんでも海モノにしますよ。


商品自体は100%普通のトランシーバーです。

『みんなでおしゃべりトランシーバー』
『みんなでおしゃべりトランシーバー』

形はご覧の通り、ただのトランシーバー。

機能面でも、
別にスピーカーからイルカの鳴き声や
さざ波の音が聞こえるわけでもありません。

当然のごとく防水でもないので、
海辺での使用は避けることを強くお願いしたい!


いやデザインだけです。
海なの・・・



ちなみに自分が子供のころは
ラジオコントロールカーとトランシーバーはあこがれの商品。


別に何を話すわけでもないのに
何故かトランシーバーがかっこ良く見えた時代。

やっぱり、ラジオコントロールカーもトランシーバーも
線がついていないのに繋がっているのが
科学を感じさせてかっこ良かったのかな。


スマホがこれだけ普及している時代に
トランシーバーがなんで売れるの?

と、思ったりもしますが、ド定番商品。


今の子供たちはこれ使って何話すんだろう?

中国の原型師

ウチの会社も
以前は日本で原型作ってました。
(まぁもっと遡れば、金型も成形も全部日本でやってましたが)


たぶん20年位前までは、日本で原型作っていたんですよ。


何故かというと単純に、

中国で作るとカッコ悪いのしか出来ないから。


でもね、日本の原型師さんて当時、

遅い
高い
修正依頼すると露骨に嫌な顔する

とまぁ、職人気質丸出しで
とても仕事をお願いしにくくて・・・


さらに絶対人数が少ないから
ウチみたいな苔会社のお仕事は列の後ろに回されがち。


仕方なく中国でお願いするようにしたんですが、

速い
安い
ヒデー

安くて速いんだけど出来が悪くて・・・

しかも成形するときのことまで考えていないので
金型作ってからもトラブル続出。

いくら損したか計算するのも面倒くさい。


全部順調に進んでいたら
今頃わたくしビルゲイツ並みのお金持ちだったのではないかと。

それくらいボロボロだったんです。


ところがここ最近腕が良い。


先日商品の三面図を出したところ、呼び出しが・・・

原型師、以下原「こんな適当な図面じゃ原型作れないよ」
アクセス、以下ア「えーどうして、大丈夫そうじゃん」
「見てみなよ、これ指定のギアボックスより小さい」
「あっ・・・・どうしよう、スケッチ直してる時間ない」
「仕方ないなぁ」

で、1週間後。
見事に調整してギアボックス入っちゃった。


また別の日は、

何この適当な図面(;`O´)o
「何が?」
「ねぇ見てみなよ、このボディにこの足が入る? 全然足が大きいよ」
「あっ・・・」
「腕もこの厚みに図面の時点で入ってないでしょ」
「すんません」

で、1週間後。
見事に手足は体に格納されてた。


しかも両方とも、元のデザインは生かしたままで。

当然個人差はあると思うんだけど、進歩著しいよなぁ。


中国は進歩してる
日本は停滞してる
すぐに追い抜かれるよ
いやもう追い抜かれてるよ

みたいな事、よく知りもしないで大きい声で語る人いて、

アホか現場も知らねぇで

と思ってるんだけど、

部分部分もう追い抜かれちゃってるかもなぁ。


この原型師とお話してるとそう思わされてしまいます。

確かに優秀な人いるよね、中国。



立体昆虫図鑑

『立体図鑑シリーズ』
というものを作っていました。

過去形なのは、とりあえず廃版になってしまっているから。


以前もお話ししましたが、
中国では彩色の工員がなかなか集まらなくなってきました。


ここ数年工場の彩色ラインを見ていませんが
以前はそれはスゴカッタ。


スプレーガンを手に
色を1色づつ塗っていくのですが、
部屋に入った瞬間、部屋中に充満しているシンナーの匂い。

塗っている彼らの手はもちろんのこと、
顔、髪の毛に飛び散る塗料。

こんなところに1日中いたら絶対体壊すわ。


ホント、ひと昔前の工場は
工員の健康なんて微塵も考えていなかった。


今は逆に工員の健康考えて
マスクつけて、帽子かぶって、
塗料が飛び散らないように彩色用のボックスも用意して、
換気も万全。


でもやっぱりこの仕事、人気がない。

わかりやすい汚れ仕事だから。


PVCマスコットの原価はスプレー彩色の値段次第。

その結果、彩色が多い立体図鑑シリーズの原価は
ドーーーーンと上がってしまいました。


結局ヤメヤメ、仕切り直し、ということで
全部廃版にしてしまいました。


今年、久しぶりに立体図鑑シリーズが新金型で登場予定。

今回は魚ではなく昆虫です。

『立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ』
『立体昆虫図鑑 世界のカブトムシ』

『立体昆虫図鑑 世界のクワガタ』
『立体昆虫図鑑 世界のクワガタ』

こちらの商品、昆虫の世界では著名な
ドラゴン先生こと岡村茂先生に
昆虫の選定からご協力いただいており
かなり魅力的なラインナップとなっております。

世界のカブトムシ:全7種

世界のクワガタ:全7種

また裏面の解説文も
岡村先生の筆による詳細なもの。


近々発売予定、乞うご期待!


▼閲覧数の多い記事