投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

汕頭のおやぶん 3

イメージ
その後もおやぶんのマネージメントのおかげで、仕事は非常にスムースに進みます。

いつもなら我先に入り口に押し寄せるセールスマンたちも、今日は一列に整列です。


でも1時間経ち、2時間経ちするうちに問題が・・・


おやぶん、飽きてきました。


ずっと座っているのが苦手みたいです。

そりゃそうだ、おやぶんだもの。


セールマンが持ってきたサンプルに手を出して遊んでいるうちはまだ良かった。
そのうち誰かが持っていた電撃ラケットでセールスマンの頭をたたき始めました。


電撃ラケットって知ってますか?

ハエとか蚊なんかを叩くテニスラケット状のもの、叩いた瞬間にそこそこ高圧な電流が流れます。


部屋の中に

「バチッ、バチッ」

という音と、食らったセールスマンの

「アヒャ、やめてくださいよぉ」

という声が・・・
そこにかぶさるおやぶんの

「ガハハハハハ」

という豪快な笑い声。


いやちょっとした地獄絵図でした。


でもお前らには手を出さなかったんだから良かったじゃないか?


うん確かに手は出さないし、僕らには非常に紳士でしたよ。
ある一瞬を除いては・・・


商談中に、なんか冴えない自動車のおもちゃのサンプルをおやぶんが持ってきたんですよ。

まぁ通常なら即決で

「要らない」

っていうタイプの商品。

ふとウチのエージェントの顔見たらものすごい真剣な表情で自分の顔見つめてて・・・

察しましたよさすがに。
電撃ラケット喰らうの嫌だしね。
ビシッと言ってやりました。

「かっこいいですね、とりあえずコンテナ1本貰いますよ」


今思うとこれが忖度ってやつ・・・


ちなみにおやぶんは3年ほどたってバブルが崩壊したら、サッサとおもちゃや止めちゃいました。

今頃何してるんだか・・・別に会いたかないけどw



汕頭のおやぶん 2

イメージ
カモが鎮座している部屋の前で、おとなしく順番を待つことなんて中国人に出来る?


言うまでもなく無理。


ということで、自分たちが入っている部屋の前はいつもけっこうなカオス。

それこそ小突き合い程度で済めばいいけど、下手すると怒号の響きあう戦場に。
トイレに出るのも躊躇するような状況にいつもなっていたんですが・・・



その日に限って部屋の前はシーンと・・・
なんか無駄話すらあまりしない。

おとなしく並んでる。
あの中国人たちが?

しかも質の悪いおもちゃ村のセールマンたちです。


そこに外から、何も考えずにワイワイガヤガヤと賑やかに数名のセールスマンが建物に入ってきて、何も考えずにいつも通り割込みしたところ

「並べや、このクソやろぉ~」

外れの方に座っていた人相の悪いおっさんが立ち上がって、怒号とともに割込み野郎の背中に飛び蹴り。


くらった方も半分チンピラみたいなやつらですから

「くぁwせdrftgyふじこlp」

反撃に出るなコレ。
やばい大乱闘かも・・・と思ったら素直に

「すみません」

って言って外に出ていきました。



何事?


部屋に入ってエージェントに聞きました。

「アレ何者だよ?」
「実は地元のアチラ関係のおやぶんなんだよね」

なんでもおもちゃが儲かると聞きつけたおやぶんは、副業でこの玩具商社をオープンしたそうで

さらに続く・・・

汕頭のおやぶん 1

イメージ
汕頭


聞いたことありますか?
普通の日本人には多分聞き覚えがない地名。

でも玩具の仕事に係る人々には、ファッション関係者における原宿くらい無視できない場所になっています。


細かい統計はないのであくまで私見ですが、いま日本で販売しているおもちゃの3割以上は中国の汕頭の澄海という街で作られたものです。

なぜここが玩具生産の一大拠点になったのか、私にはいまだに謎なのですが、10数年前この街は玩具バブルに沸き上がりました。


とにかく玩具は儲かる!


なんせ、数か月前には薄汚れたタンクトップで昼から白酒飲んでほろ酔い加減で自転車漕いでたおっさんが、ロレックス着けてベンツに乗ってブランデー飲んでるんですから・・・
ちょっとしたゴールドラッシュ。

猫も杓子も皆目指せおもちゃやです。


ある日、澄海にいつも通り仕入れに向かったところ、ウチのエージェントがいつもと違う商社に私たちを連れていきました。


当時汕頭での仕入れは

 1.バイヤー(海外から来たカモ)をどこぞの商社のショールームに連れていく
 2.各メーカーのセールスマンがその商社の入り口に並ぶ
 3.順番にバイヤーにサンプル見せながら商談

という手順で進められていました。


が、しかし。

問題は2番、ちょっと想像してみましょうよ・・・
整然と商社の前に整列する中国人の姿を・・・

無理だよね。
あり得ない。
並ぶわけないよ。

長くなったので続きます。



オーシャンスコープ

イメージ
昔からお土産屋さんではけっこう双眼鏡が売れるんですよ。

多分、風光明媚なところに旅行に行って景色見るのに使うんではないかと・・・


よくありますものね。
100円入れる双眼鏡。

誰が使うのかなアレ?


で、そのコイン式の双眼鏡の代わりに購入されているのではないかと思われるのがこちら。



正直見え具合は値段相応。

「光学機器なんてそんなもんです」

開き直ってしまっては身も蓋もないのですが、やはりレンズの質はどうしても価格に比例してしまうもので、このプライスレンジではここいら辺までかな。


その代りと言っては何ですがこちらの双眼鏡は

か・わ・い・い ♥

イルカ、シャチ、サメの3種類。



イルカショーを見るのに使って欲しいなぁ。


動物デザインの「アニマルスコープ」、恐竜デザインの「ダイナソースコープ」もあり〼




海のなかまのキラキラジュエルビーズセット

イメージ
女の子向けの玩具については、いまだに謎ばかりです。

たぶん私が男であることが大いに関係していると思いますが、どうもそれだけではないように思えます。


以前は抱き人形、着せ替え人形、おままごとセット、お医者さんセット。

こんなところが売れ筋だったと思うのですが、ここ最近・・・


女の子って何して遊んでるんですかね?
本当に謎です。


そんな状況のなか、シールやノート、ペンなどのステーショナリー系や粘土やビーズ、編み物なんかのホビー系の商品は案外手堅いという感じ。


特にビーズセットははるか昔から今日まで、派手に売れこそしないものの、演技が上手な名わき役とでもいいましょうか・・・確実に売り上げを作ってくれるありがたい商品です。


今でも数種取り扱いがありますが、そんなビーズセットの最新作がこちら



あまり良いケースがなかったのでオリジナルでイルカの形のケースを作ってしまいました。


中の大粒ビーズもオリジナル!



一見するとわかりませんが、実は結構開発費用が掛かっている力作です。


カプセル玩具

イメージ
数年前から細々とカプセル玩具の開発、卸売をさせていただいております。

B社さんやらT社さん等々、メジャーな会社さんとは比較するのも恥ずかしいのですが、今年のウチはちょっと違う。

ちょっと水族館寄りに舵を切ってみようかなと・・・


オープンなマーケットでは中々戦うのが厳しいので、得意なマーケットでもう少し攻めてみようかと思ってます。


先日会計士さんに聞いたのですが、これどうやら

「ランチェスターの法則」

というらしいです。


戦力で劣る弱者は局地戦を行うべし。

思いっきりかいつまむとこんな話らしいのですが、意図せずして弱者の戦略をとってしまうあたりが、生まれついての弱者というか情けないというか・・・(T△T)


とりあえず弱者なりに商品開発しております。


昨年より「光る」シリーズをリリース。


「どこdemo光るくらげ~」



「光る♪ぴかぷかメンダコちゃん」


の二点は発売済み。


4月に第3弾。

「ゆるピカ♪ちんあなご&ニシキアナゴ&フレンズ!!」


を発売予定。


見かけたら回してあげてね ( `・∀・´)ノヨロシク


びにょ~んNAなアニャ~ゴす

イメージ
スクイーズが流行っています。


ウチでも色々な材料、形、サイズで取り扱っていますが、なかなか魚への展開が難しくて、水族館アイテムとしては取り扱いあぐねていました。


ある日、のびる素材のバナナを見た瞬間、

「こ れ だ!」

いつも通り、いらない天啓が降りて来てしまいました。
過去このいらない天啓のせいでどれほど損しているか・・・・・・


形はぴったり、素材感も良し、値段的にも問題なし。


で、開発スタートしたんですが、けっこう面倒でした。




この材料、印刷がなかなか定着しません。 一見良い感じに仕上がっても、少しこするとすぐに消えてしまいます。


印刷方式を変えて、塗料を変えて、塗料の量を調節して・・・

結果、随分マシにはなりました。
が、やっぱり強くこすると消えてしまいます。


そりゃそうだよね、消しゴムの表面にペンで落書きしてるみたいなものだから。
当然表面削れれば消えちゃいます。


最終的にどうしたかというと・・・・

「こすらないでください」

注意表記して逃げてしまいました。


本当にごめんなさい。

強くこすらなければ大丈夫ですから許してください。



グイーンと飛び出す3Dキャップ

イメージ
いまひとつ売れないんですよ、この商品。

どうしてなんですかね?

開発したくらいだから個人的には大好きです。



かぶるとバカっぽく見えるのが何ともツボ。
これかぶるとどんな難しい話しても無駄、誰でもちょっとおバカに見えます。

って結論出てしまった・・・

おバカに見えるからあんまり買ってもらえないのか!?


でも一部気に入っていただいているお客様がいて、そちらでは地味に売れてます。

一番売れてるのが恐竜

一番売れないのがペンギン

理由が全くわからん・・・


恐竜、ペンギン、ジンベイザメ、パンダの4種類。




もう少し愛してもらえると開発者としてはうれしいのですが・・・

売れれば新作追加したいなぁ、マグロとかサメなんて面白いと思うんだけど。




マリントランスポーター

イメージ
ある日、うちの香港のエージェントが、(言葉は悪いですが)ウスラキタネーサンプルを見せてくれました。

いやほんとに形はイマイチ、塗りはガタガタ、仕上がりもバリだらけだし、一見してロクなもんじゃなかったんですよ。


彼によると、

他の国のお客様がこれを探しているんだけど見つからない

「作っちゃおうぜ」


で、作ったのがこちらの商品。




もともと車のおもちゃを作るのは得意ですし、水族館の経験値もそれなりに上がってきた時期でしたので即決です。


いやいい仕上がりだと思いますよ。
この手の商品をこの位のプライスレンジで作らせたらウチは良い会社ですと自画自賛。

人気者の海の仲間のコンテナヘッドがサメ、イルカ、ジンベイザメの3種類。


過去売れなかったことのないカーキャリアの形状の車のおもちゃ。
キャリア部分に載せる小さな魚は既に開発スミを流用できるし・・・

外すわけないだろうと思いました。

おかげさまで売れ行き好調です。
この調子なら10年くらい売れそうです。




サメ玉

イメージ
たまごシリーズの最新作は

さめ玉です。



一部のサメは胎生だって? 
さすがにわかってますけど
ネタがね・・・無くなって来ていてですね・・・

ウミウシの卵
ウシ玉

毒魚の卵
毒玉

とかよりは売れるんじゃないかと・・・・

ということで温かい目で見守ってもらえると助かります。


また一緒におふろに入ってあげてね!


勧めないけどw



海玉、ペン玉、クラ玉、深玉・・・・そして

イメージ
まだ業界の右も左もわからなかったころ、
(未だにイマイチわかってないという自覚はあります、多分)
なんか勢いで作ったら思いの外売れて、今に至るルートを作った商品が


海玉です。


卵を水につけて72~120時間待つと中から海の仲間が出てきます!


正直あまり精度が高いマスコットは作れません。
というか小さいときはそれなりに精度が高いのですが、大きくなるとブヨブヨした、
ちょい気持ち悪い感じに。



でも消費者の方からお問い合わせをいただいたりします。

「一緒におふろに入っても良いですか?」

いや別に構わないけど・・・なんで?


何にしても可愛がっていただくのはありがたい話です。


続いて、

ペンギンのたまご

ペン玉


くらげのたまご

くら玉


深海のたまご

深玉


シリーズ全て結構な売れ行き! 


で、今年シリーズに新しい仲間登場・・・続きは明日





おもちゃや

イメージ
一言でおもちゃやと言っても色々な会社があります。



それぞれの業種や業態で、取り扱う商品や流通が分かれていたり重なっていたりで、どちらの業界も同じとは思いますが中々に複雑です。


思いつくだけでも、


おおものや。
以前もお話ししましたが玩具といえばこちらの業界。
皆さんが知っているおもちゃやさんは大体ここ。


ざつがんや。
ウチはここ。
金になるならなんでもやるよ。


けいひんや。
子供連れてレストランに行くと、ザルに安そーなおもちゃが入って出てくるじゃないですか、アレの業者さんです。
一部専門の業者さんが居ます。
ものすごい種類を持っていて、カタログ見ると驚き!
しかも安い。
無理、真似できない。


ぬいぐるみや。
ぬいぐるみもそれ専門のメーカーさんや問屋さんが沢山います。
ぬいぐるみを手にしたときに見るポイントも明らかに違う。
ウチも輸入物のぬいぐるみ扱うけど社内でちょいちょい
「やっぱプロはちがうよね~」
と、感心するくらいかわいいぬいぐるみを作られるメーカーさんが多いです。


もけいや。
全くわからん・・・業界外の人に言っておきたい。
うちはガンプラ扱ってません、業販で買うのも無理。
それくらい畑違い。


しょくがんや。
お菓子とおもちゃの夢のコラボレーション。
クリスマスブーツやこいのぼりもこのジャンル。
チョコエッグのころに比べたら減ったなぁ。


あみゅーずめんと。
ゲームセンターの景品やさん。
一昔前は消化数なら業界屈指の量だったんだけど、ここ最近は他業界同様発注数が落ちてるね。
テスト販売のみで終了しちゃうことも多数。
流行のものを一発勝負でぶち込むならこの業界!


かぷせる。
いわゆるガチャガチャやさん。
メーカー専門もあれば、機械の管理専門、そのクロスオーバー等々様々。
機械の管理は、ハイエースにカプセル満載で、真夏日だろうが氷点下だろうが朝から夕方までカプセルの補充や修理に走り回る大変なお仕事。


ぱずるや。
ジグソーパズルは通常の玩具の流通とはちょっと違う。
思っているより専門業者多数。
あの小さなピースが一つ足りなくてもちゃんと対応出来るだけの体制が必要なんて・・・
ウチには無理。


とっかや。
上記のほかの会社で売れなかったものを買ったり、売ったり、輸出したり。
ツボれば在庫も持たなくて良いし一番楽な商売だけど、商品の安定供給が望めないのがつらいところ。


以…

おたる水族館

イメージ
おたる水族館 を訪れました。


一般的に水族館は夏向きの施設と思われがちですが、冬の水族館も趣きがあって大好きです。


特にこちらの水族館には冬ならではの

「ペンギンの雪中散歩」

というイベントがあり、ペンギンをかなりの至近距離から観察できます。


また

「凍るどぷーる」

という、氷からアザラシが顔を出す展示もあります。
今回は結氷しておらず普通のアザラシプールでしたが、元気一杯に泳ぎ回るアザラシの姿に癒されました。


館内は、規模は小さめながらも地域性の高い北海道の魚の展示に大きくスペースが割かれており、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

カレイにソイ、マス、いやぁどの水槽も・・・・
とにかく 美味そうで


雪に包まれた水族館、訪れてみてはいかがでしょう?


海のぐるぐる貯金箱

イメージ
商品名から商品内容が伝わりにくい・・・


思い返してみるとあまり良いネーミングじゃないですね、要反省。
まるでお金がグルグル回る貯金箱みたいですが、そうじゃない。

けっこう面白い商品なんですよ。

内蔵されているボールを、迷路をクリアしてゴールの位置まで移動させないと開かない貯金箱です。



迷路自体は簡単なのでセキュリティ的な性能は皆無ですが、お楽しみいただければと思います。

イルカ、クラゲ、サメ、深海魚、ジンベイザメ&チンアナゴ、ペンギンの6種展開。


実はこっそり迷路が二種類に分かれてます。
通常の迷路とハニカム迷路。
ハニカムの方が難易度低めです。







商品開発

イメージ
おもちゃや雑貨品の開発ってどのように行われていると思いますか?

当然会社ごとに異なりますので、ここでお話しするのはあくまでうちの会社の話。


既存商品のデザイン変更から開発する際の流れとしては、

1)海外のショールームやショーで商品のピックアップ
2)日本に持ち帰り会議
3)取り扱い決定後、デザインや変更点について工場にフィードバック

なのですが、当社の場合はこの流れが速い。
下手すると1分で取り扱い決定。
カップヌードルもできない速度。

よく言えば電光石火。
普通に言っても思慮不足。
悪く言ったら愚か者、間抜け、阿呆 etc...


会議といえば聞こえは良いですが、営業を含めた皆でサンプルを見て、
「良いねぇ」
とか言ってるだけです。

でもこれでも随分と民主的になりました。
昔は社長である父が、誰にも相談せず、一人で中国の工場で決定してました。
中国で一人で「良いねぇ」って唸って取り扱い決定です。

よくあんな荒っぽい仕入れで大丈夫だったなと今更ながら思いますが、あんがい誰かに相談するより売れていたような気が・・・

商品の仕入れに関しては百万の愚民より一人の独裁者かもしれませんね。

パタパタメモ

イメージ
一つの商品に4柄のメモ。

パタパタと扉を開くように広げることが出来るのがこの名前の理由。



この手の商品って作るの簡単そうに見えて、デザインするスペースが多くて、あんがいデザイナー泣かせです。
こちらの商品もずいぶんとデザイナーさんに泣いてもらった力作です。

JELLY FISH(クラゲ)
GARDEN EEL(ちんあなご)
DEEP SEA(深海)
COLD SEA(冷たい海)
WARM SEA(暖かい海)

の5種類の展開でお待ちしております。




新作 変形ロボット マンタ

イメージ
私もさすがにダイオウグソクムシ一本で勝負するほど男気に満ち溢れてはおりません。

ちゃんと安パイの保険をかけておきました。


それがこちらのマンタです。


実はマンタに関しては過去数回、開発しようと思ったのですが、これまで実現に至らなかった理由は・・・


内部スペースがなさ過ぎて手足が格納できない( ̄□ ̄;)!!


薄っぺらすぎるのよ、コイツ。


今回は原型師さんの協力でどうにかここまでたどり着きました。

正直足が短すぎて未だに悩んでいますが、ここまでくればもう一息。

少しでも妥協の幅を減らして発売までたどり着きたいもんです。








新作 変形ロボット ダイオウグソクムシ

イメージ
実際作る前は色々と考えました。

本当にダイオウグソクムシで良いのかと・・・

こんなゴキ〇リみたいなもんの変形ロボット誰が買うのかと・・・

でも最終的には

「ダイオウグソクムシ、君に決めた!」


決め手は

絶対ウチしか作らないな、コレ

という自信(ᅙωᅙ)

でも完成してみたら結構カッコいい。


もともと顔は中々凛々しくて戦えそうな顔。

ちょいグロ感漂う外殻も一見すると鎧っぽく見えて強そうです。


本日2/7から東京都江東区で開催の
「東京インターナショナルギフトショー春2018」
にて原型を展示いたします。

わざわざ見に行くほどのもんじゃありませんがついでがあれば寄ってください。


変形ロボット 人気ランキング アニバトロン編

イメージ
前回のエントリに目を通していただけた、お時間に余裕のある、いわゆる暇な方ならワーストワンはすぐにわかりますね・・・





そうパンダです。


パンダが明らかに売れません。
笹喰ってるだけで戦いそうもないしね。
TVでも映るたびにゴロゴロしてるだけで・・・
そりゃ売れんわ。


ちなみにパンダの名誉のために言っておきますが、他の商品ではパンダは売れ筋だったりします。

あくまで変形ロボとの相性がよろしくないのかと思います。


ちなみに一位は・・・・







ワシです。
変形後にも空飛びそうでなんかカッコいい。

なんか天使ミカエル見たいで私もお気に入りです。

サカナのカタナ

イメージ
何故さかなが刀の形になっているの?


うちの会社は大人の会社なので、そういう子供みたいな質問は受け付けません。


私の大好きな某漫画の中間管理職いわく

「大人は質問に答えたりしない」

そうですので・・・


そういうの聞いちゃダメ。
作った人間にもよく分りません。


強いて言うなら子供はチャンバラごっこというか、
棒状の何かで他の何かをぶっ叩くの大好きじゃないですか。
(物騒な話ですが子供ですから・・・大人だったら警察沙汰です。)


で、この商品の登場です。


サメ、ジンベイザメ、チンアナゴ、ニシキアナゴ。
全4種類のさかながデザインされたこのカタナ、よく売れています。

笛入りで叩くとピプッて間抜けな音がするのも何かカワイイ。

香港

イメージ
香港に住んでいました。

以前お世話になっていた会社を退職し、父の会社を継ぐと決めたところ

「それなら香港に行け」

聴いてない・・・で有無を言わさず3か月後に香港に

結果その時に生産に関する知識や言葉を覚えたおかげで今日まで
どうにか生きながらえてます。
今更ながら父に感謝。

一番最初に香港を訪れてから早20数年、未だに香港との縁は深く、
第二の故郷とも呼べる場所です。

昔と比較すると香港人もスマートになり街並みも以前よりクリーンに
なった気がします。

一方昔の

「絶対金持ちになってやるぞ」

みたいなエネルギーはすっかり消え去ってしまい、
オールド香港を知るものとしては寂しさも感じますが
これは外国人の感傷ですね。

一昔前玩具は香港の一大産業でした。

雀荘、飲茶の酒楼には各玩具メーカーの営業が集まり情報交換をしていたものです。

手足にがっちりタトゥーの入ったほぼチンピラみたいな奴、
社長に言わずに3軒くらいの工場の営業を勝手に兼任してる奴、
彼女を外の茶餐廳に待たせてそそくさと営業してどこかに消えちゃう奴、
癖の強すぎる人間の吹き溜まりみたいな業界でした。

その中にもグループや派閥があって協力し合ったり邪魔したり。

そんな営業たちもすっかり消え去ってしまいどこで何をしているやら・・・

さて今月もまた香港経由で中国に出張です。









変形ロボット 人気ランキング シーバトロン編

イメージ
先日もご説明しましたがシーバトロンNEXTは4種類。
イルカ、サメ、シャチ、ジンベイです。

どれも大して変わらないと思いきや、
結構はっきりと売れ行きに差があります。

どれが一番の売れ筋かわかりますか?




実はサメが不動の一位です。




一般的にはイルカが水族館のNO.1アイドルなのですが、
この商品に関しては実は最下位です。


一応この理由を何回も考えてみたのですが、おそらく

「戦いそうもないから」

ではないかと・・・



サメがバッタバッタと敵をなぎ倒しそうなのに比べると、
優しい雰囲気のイルカは女性的というか衛生兵風というか・・・

それに比べれば山のフドウライクなジンベイザメや、
ワイルドなブラックフェイスのシャチあたりはまだ戦えそうな感じ。


実際はイルカが案外根性曲がってて、仲間をいじめたりするのは
有名なお話なんですが・・・

某施設のイルカは近くに行くとわざと水を引っかけてきますしね。
ホント見かけによらず性格悪いわ

プチボトルパラダイス

イメージ
今日はうちの会社のエースをご紹介。



消しゴムです。

いえ特に特別な機能はありません。
ごく普通の消しゴム。
しかも小さい・・・ただし、種類が尋常ではありません。


シリーズトータルで2018年1月現在159種類。
現在も新作を開発中です。

メジャーな生き物はすべて作りつくしてしまい、最近はダンゴウオやらセンジュナマコやらオオグチボヤやら(知ってる?)、正直もう何を作ってよいかわからなくて・・・


2017年のギフトショーでも、たまたまいらっしゃったダチョウメインの施設のお客様とお話ししている最中に
「良いですよダチョウ作っちゃいますよ」
と、その場で即決して驚かれてしまいました。

だって作るものないんだもの (^0^*


かわいい小粒な消しゴムを、こちらのプラスチックボトルにご自分で詰めてレジにお持ちいただいております。


何粒入れるかなんてケチなことは申しません。
お好きなだけ入れてコルクの蓋をしてレジにお持ちください。


こちらの消しゴム、1年間で500万粒以上の販売(箱入等のセット販売除く)を誇るウチの大黒柱。
ア〇ンジャーズでいえばアイ〇ンマンのような存在です。

近日中にギネスに申請してみようかと思っています。